仕事

ドーシャと仕事

心と体のタイプの指標になるアーユルヴェーダのドーシャ。

体質だけでなく、気質にも現れるので、どんな仕事が向いているのかを考えるときの参考になります。

ここでご紹介するのは、まさに、「仕事とドーシャ」という記事です。

記事の中では、仕事とドーシャの相性だけでなく、人生のダルマ(魂の目的)とドーシャについても語られています。ここでは、ドーシャと仕事の関係性について、まとめてみました。

原文はこちらから
Tailr Your Profession to Your Dosha

+++++

それぞれのドーシャについて

ヴァータ

ヴァータタイプの特徴
・注意力が長く続かない
・瞬発的に考えたり行動したりする
・スイッチをオンオフするように、活動期と休息期が交互にやってくる
・創造力、思考力、新しいこと、方向を変えるような役割が得意
・建設的なことは苦手
・多様性を好む
・熱中しやすく、快活、頭の回転が早い
・繊細で知覚が鋭い
・ストレスがかかると不安になる。
・想像力豊かで、物事を柔軟に考える力がある

ヴァータタイプとダルマ(魂の目的)
・変化にとんだ道を選ぶ傾向がある
・仕事の基準は、たくさんの仕事をこなすこと、いくつもの異なることに取り組むことなど
・ダルマ(魂の目的)では、「多様性」が大きな役割を果たす可能性が高い

ヴァータタイプへのアドバイス
新しいアイデアや情熱が価値となるポジション、新鮮なプロジェクトやコラボの可能性のあるポジション、そして、あなたの素晴らしい資質である、教える、話す、書くなどの能力を行使する機会を提供してくれるポジションを探すとよいでしょう。
あなたは本来多様性を必要としています。一方で、効率性や組織力については弱い部分があります。そのどちらも尊重してください。
組織があなたのためになることもあるけれど、組織が束縛になることもある。

ピッタ

ピッタタイプの特徴
・頭の中が整理されていて、ひとつのことに打ち込み、決意が固く、根気強い
・仕事を進める気力、野心、効率性、やり抜く精神がある
・物事を「正しく」行いたいという欲求を持つことが多い
・情熱がある
・熱心さと決意でチームを導くことができる
・集中力がすばらしい
・大きなことを成し遂げる強さと意欲がある
・ヴァータと一緒に働く場合、ヴァータの衝動的な創造力をピッタが引き取り、最大限に発展させることができる

ピッタタイプのダルマ( 魂の目的)
・あっという間に会社のトップに昇り詰めたり、早い時期に成功を収めることがある
・ある場所で成長しきったら、他の会社や他の種類の仕事に移るかもしれず、移らなければ、飽きてしまうか、ストレスを感じるかもしれない
・挑戦する機会や見返りがないと意欲がそがれる
・達成がダルマ(魂の目的)の一部

ピッタタイプの人へのアドバイス
仕事へのとびぬけた倫理感と情熱をご自身で理解し、評価してください。
一番合っている職場は、組織がしっかりしていて、成長や達成の余地がある場所です。
本来もっている熱心さがどんな努力も後押しするので、様々なことで秀でることができます。
販売、実業界、コーチング、自営、法律、医学などなど、どこでも輝くことができます。
ピッタのもつ気力と決意が、楽しくない状況に長く引き留めてしまうことのないように注意してください。
ピッタタイプの人は望んでいた成長が見込めない地位でも、無理やり自分に押し付けてしまって、燃え尽き症候群になってしまいます。

カパ

カパタイプの特徴
・最もゆっくりで、着実で、ゆったりしている
・ピッタのように気力に満ちあふれているわけではなく、すぐ反応するわけでもなく、気性が激しいわけでもない
・ヴァータのように熱心でもなく、適応力があるわけでもなく、想像力があるわけでもない
・協力的で、何かを育て上げる人であり、完成させる人
・チームの中では、理性的で実用的な発言をする貴重な存在
・変化を嫌うため、時に、進歩を遅らせたり、活力を妨げたりする
・長期的な視野にたち、思慮深い方法で物事を進める
・抜群の誠実さがあり、首尾一貫していて、信頼できる
・プロジェクトの進行中、まず最初にヴァータが飽きて、次にずっと遅れてピッタが飽きてしまっても、忠実さと責任感をもって最後までやり抜く

カパタイプのダルマ(魂の目的)
・安定性という性質のために、長期にわたって、一つのポジションや同じ雇い主のところにとどまる
・成長の機会がなくなったり、満足感を得られなくなっても、同じポジションを手放すことが難しい傾向がある
・他の人をサポートすること、ダルマとしての役割になっている

カパタイプの人へのアドバイス
どんな企業でも礎となる人です。ビジネスやプロジェクトの成功を助けるための支援を行ったり、組織を作ったりします。
本来の育成のセンスや地に足のついた指導を実施する機会がたくさんあるような役割で力を発揮できます。
変化の速い環境(安定志向にはストレストレスです)ではなく、伝統や時間に染められた環境で成功できる。
大学の環境、政府、病院、その他の公共施設などが潜在的によく合っている。
堅実さや支援を中心軸におくどんな役割も、本来のドーシャを活かすことができ、自分らしくあることで充実感がもたらされる。
時々変化や突発的な出来事が起こるようなポジションや、チーム内のヴァータタイプの人達は、カパにとってよい刺激となるかもしれない。

最後に、大切なのは、あなたのドーシャに耳を傾け、あなたのダルマ(魂の目的)を見つけること。

あなたのドーシャに耳を傾け、あなたのダルマ(魂の目的)を見つける

ドーシャはあなたの仕事のスタイルや好みに影響しています。

ドーシャによって、得手不得手やエネルギーの状態、仕事の取り組み方などは違います。
個人の目標設定や、最適な仕事環境などについて考えるときには、こうしたドーシャの違いを考慮すべきなのです。

大切なのはあなた特有の個性を理解すること。そして、次には、あなたが本当にやりたいこと、なりたい自分が何かを見極めること。

そのためには、結局のところ、あなた自身の心で感じ、あなた自身が気付くしかありません。

私たちの時間やエネルギーの大部分を占めている仕事という存在はとても大切です。
そのため、最適な仕事を見つけるというのは、人生で最も重要なタスクのひとつです。

けれど、そこで忘れてはいけないのは、そこには、ダルマ(魂の目的)が関係しているということ。
ダルマにそった仕事やポジションを選ぶことは、人生での幸福感を左右するほどの大事なことなのです。

そして、仕事にとどまらず、どんなことでも、あなたの人生においては、決断できるのはあなたしかいないのです。

もし選択を間違えたら?と不安になるかもしれませんが、大丈夫です。
「間違った道」なんてありません。
選んだ道が行き止まりになっていたら、他の道を検討したらよいだけです。どんな道でも、選んだ道での学びや体験は、次に新しい道を決めるときの助けになります。

世界が劇的に変化し続けている今という世界の中で、多くの人は、何をしたいのか、どんな風に働きたいのか、自分の本当のダルマ(魂の目的)は何かについて考え直すようになっています。

人生においても仕事においても、何があなたを幸せな気持ちにさせてくれるのかを考えるのに、今がとてもよいタイミングなのです。

+++++

この記事は、原文から抜粋して要約したものです。
原文はこちらからご確認下さい。
Tailr Your Profession to Your Dosha