もっと知りたい学びたい

アーユルヴェーダの体質論:さいしょのお話

今日はアーユルヴェーダの体質論についてのお話し。

アーユルヴェーダの体質論というと、ヴァータ(ワータ)体質、ピッタ体質、カパ(カファ)体質の3つの体質がもとになります。多くのアーユルヴェーダ関係の本には、この3つの体質のどのタイプに当てはまるのかを判断するためのチェックリストが載っていたりします。

ヴァータ(ワータ)=風の要素の強い体質
ピッタ=火の要素の強い体質
カパ(カファ)=水の要素の強い体質

すべての人の体の中に、この3つの要素すべてが働いているというのがアーユルヴェーダの考え方です。けれど、それぞれの体の中で、この3つの要素が同じように働いているのかというと、それが違うのです。

この3つの要素の働きには強弱があって、ひとりひとりどの要素の働きが強いのかが違っているのです。ヴァータの働きの強い人、ピッタの働きの強い人、カパの働きの強い人、ヴァータとピッタの働きが同じくらい強くてカパの働きが弱い人、ヴァータとカパの働きが強くてピッタの働きが弱い人、ピッタとカパの働きが強くてヴァータの働きが弱い人、3つの要素の働きが同じような強さの人など、組み合わせは7種類。

誰もがこの7種類のどこかに入るわけです。この3要素の働きの強さ弱さは、人が生まれる時に決まっていて、それは一生変わることがありません。そして、それぞれのもつこの3要素の働きの強弱こそが、その人の性格や体質を生み出し、その人の個性となるのです。

これをプラクリティと呼んでいます。おもしろいのは、このプラクリティがその人の個性を表すものであるのと同時に、健康であるために注意すべき要素を表していること。

例えばピッタ体質と判断されたとします。そうすると、その人はピッタ=火の要素がもつ様々な身体的な特徴が表れて個性を形作っているのと同時に、ピッタの働きが強くなりすぎないように注意する必要があるということになるのです。

ヴァータやカパの働きよりもピッタの働きが強いということは、他の二つよりもピッタの働きが強くなりやすい傾向にあるということだからです。

このように、プラクリティがわかると、健康であるためにどんなことに注意して生活するとよいのかが見えてくるのです。

この続きは、また。

最後までお読み頂きありがとうございました。
with sincere gratitude