月と占星術編

満月10月31日牡羊座の満月です

本日夜中近く、
国立天文台のサイトによると
23:49
満月を迎えます。

インド占星術は西洋占星術とは
星の位置を特定する計算方法が違いますので、
インド占星術では牡羊座の新月にあたります。

インド占星術特有の月の宿(ナクシャトラ)では
Bharaniバラニという名前の宿に月が入っています。

ナクシャトラとはなんぞや?については
改めてまとめ記事を書きますね。

ここでざっくりご説明すると
西洋占星術では12星座が使われていますよね。
12星座は天空360度を12等分しています。

インド占星術でも12星座を使いますが、
それよりもさらに細かく天空を区分けして
27等分した星座を使うと考えてもらうと
わかりやすいかと思います。

ナクシャトラ:バラニ

ナクシャトラには様々な象意が
ちりばめられています。

支配星・支配神・言葉の意味・シンボル・動物・エレメントなどなど

様々な顔を持つインド占星術のナクシャトラは
生まれたときの月の位置からはその人の心の本質を、
毎月、月がその場を通過するときには、
その日のエネルギーを表します。

10月31日の満月

今日の満月はハロウィーンと重なる珍しい満月。

ハロウィーンのもつ、生と死の祭りという側面と
今日の月の位置、バラニがもつエネルギーは
本当に不思議なことに、ぴったり同じ。

バラニの支配神は死を司る神ヤマ。
そしてシンボルは子宮。
まさに生と死を表すナクシャトラです。

今日のバラニの満月について、
支配神ヤマとシンボル子宮を中心にした読み解きを、
自然治癒力学校の月よみWEBに記事を書かせて頂いています。
こちらからどうそ。
もうひとつの月の宿

バラニという言葉の意味

バラニという言葉には、運ぶとか産む、はぐくむなどの意味があります。

物質的なものであっても、
人の心であっても、
新しいアイデアのような目に見えないものであっても、
どの場合でも
生み出し育てる、あるいは、運ぶということを表しています。
アイデア、芸術、思想などあらゆることの創造性をはぐくむパワーを
秘めているということ。

今日の満月は何をはぐくみ、何を運ぶのでしょう?

体調管理に注意を

今日の満月の時には、太陽は天秤座。
天秤座はバランスの星座です。

実は、太陽にとって天秤座は一番苦手な場所。
王様・自己主張の太陽が、
みんな平等を掲げる天秤座にいると疲れてしまうのです。

太陽は体力や健康の表示体なので、
その太陽の力が弱くなっているということは、
体力や健康状態に注意が必要ということになります。

太陽が天秤座に居るのは日本では11月15日まで。
それまでは皆さんそれぞれご自身の体調管理に
気を配ってくださいね。

今日もよい一日を。
Have a lovely day!!