もっと知りたい学びたい

アーユルヴェーダはオーダーメイド

今日はアーユルヴェーダはオーダーメイドというお話。

アーユルヴェーダは世間的な認知度がまだまだ低いかもしれませんね。それでも、最近は時々テレビなどで取り上げてもらっているようで、テレビみたよと友人から教えてもらうこともあります。

健康維持増進やちょっとした健康バランスの崩れへの対応について、アーユルヴェーダはすばらしい力になると思っているのですが、こんなにいいのになかなか広まらないのはどうしてかな?と考えたりもします。

思いつくいくつかの理由の中に「オーダーメイドであること」があります。

私自身は、この「オーダーメイドであること」がアーユルヴェーダの素晴らしさのひとつである、と常々思っていますが、実は、この「オーダーメイドであること」が、アーユルヴェーダが簡単に広がりにくい理由のひとつになっているのかもとも思うのです。

〇〇が☓☓に効く!=☓☓の人みんなにいい! という「みんな横並び」の図式が描けると、一斉に店頭から品物が消えるように、アーユルヴェーダに飛びついて頂けるのかもしれません。

ところが残念な(?)ことに、アーユルヴェーダではそのシンプル図式がまず成り立たない。

アーユルヴェーダでは、「健康人が毎日行うとよいこと」や「毎日摂るとよいもの」など、皆さまの日常生活に取り入れて健康維持に役立てて頂きたいあれこれがたくさんあります。

けれど、「みんなにとってよいこと」も、「みんなにとって全く同じようによい」わけではなく、季節に応じて・体質に応じてなどの「追記」が加わるのです。

世間でよいと言われる食べ物や生活習慣を取り入れてみたものの、なんだかみんなと同じような効果が感じられない、あるいは、かえって調子が悪くなっちゃったという方いらっしゃらないですか?それは、あなたの体質にあっていなかったり、その季節にあっていなかったりしているからなのです。

アーユルヴェーダでは、ひとりひとりをしっかり見つめて、この方の体質は何か、今、体の健康バランスがどう崩れているのか、今の季節は何か、年齢は、などなどを総括したうえで、では、「みんなにとってよいこと」をこの方が日常生活に取り入れる場合に、どのような頻度・時間帯・量などなどで取り入れるのがよいのかまでをアドバイスするのです。

つまり、オーダーメイド健康アドバイスを行うのがアーユルヴェーダなのです。

以上、アーユルヴェーダはオーダーメイドというお話でした。

最後までお読み頂きありがとうございました。
with sincere gratitude