ティールーム徒然

歩くのが面倒で続かないときには

運動が健康にも脳の働きにもよいとお伝えしてます。
そして、運動として歩くことをお勧めしています。

でも、これがなかなかできないってことないですか?
毎日、今日こそやろう、明日こそやろう
と思ってもなかなかはじめられない。

こういうときの選択肢は2つ。

1.歩くことを習慣化するために工夫する
2.歩くことに代わるものを見つける

まず1を考えてみましょう。
歩くことを習慣にすることへの大きな壁は
外に出なければいけないこと。

着替えなきゃいけない、
日焼け止めもたっぷり塗らなきゃいけない、
雨だったらでられない、などなど。
いろんな準備もいるし、
環境が整っていることも必要。

こうしたことが、実行するためのハードルをあげていますよね。
もちろん、ハードルを越える工夫は色々あると思います。

でも、もっと簡単なのが2の方法。
取り組みやすくて歩くことの代わりになるものを使うこと。

おススメは踏み台昇降。
私が使っているのはこちら。

続くかどうかわからないものに投資するには、
値段もお手頃。

道具を増やしたくないという方で、
自宅に階段がある方は階段を利用する方法もあります。

これだと誰かに見られるからと着替える必要もないし、
日焼け止め塗ったり、化粧しなおしたりする必要もない。
雨でもできる。

上にあげたようなハードルたちは踏み台昇降を使えば解決します。

食後に20分。
歩くことがなかなか実行できない方は
屋内で踏み台昇降を利用することから始めてみましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。
with gratitude