ティールーム徒然

横須賀

今日は月に一度の横須賀へお手伝いに出かける日。

この間自宅の本棚を整理していて、
積読本のなかから有川浩の「海の底」を発見。
ちなみに積読本わかります?
買っていつか読もうと積んだままになっている本のこと。

買ったのはずいぶんと前。
「図書館戦争」にはまっていたころ。
今よりちょっと若くて、
こういう本にのめりこむだけの心の余裕のあったころ(笑)

「塩の街」と「海の底」の両方を買って、
「塩の街」だけ読み終えて、「海の底」は途中だったっけ。

そういえば、、、、
そう!「海の底」は横須賀が舞台!
ぱらぱらページをめくると、
知っている地名がたくさんでてくる!

面白いもので、
当時は横須賀の地理なんて全く知らないものだから、
本の中にでてくる地名は全く気にも留めなかったけれど、
今はわかる!

そして、地名がわかってくると、
物語の現場マップが頭に描けて、
ものすごく臨場感が増す。

あの頃、どうして途中で読むのをやめたのかな?
理由はおもいだせないけど。
でも、今ならあの頃よりも楽しめるかも、
なんて思ったりもする。

読む気満々になって、今回本を横浜に連れてきた。
読む暇あるかなぁ。

さて、少し高台にある住宅街から汐入駅に向かう帰り道。
バス停の横にあった電話ボックスの中の救急番号。
110番・119番の横に118、、、118ってなに?

大阪の地元では見かけたことなかったのだけれど、、、、

118は、海の事故の場合の緊急連絡先だそうです。
さすが、横須賀。

最後までお読みいただきありがとうございました。
with sincere gratitude