自分を好きになるためのアーユルヴェーダと月の本棚

アーユルヴェーダの古典書には、アーユルヴェーダの目的が書かれています。
それは、
誰もが自分の人生をよりよく生きられるようになること

自分の人生をよりよく生きることは、いつの時代も、誰にとっても大きな目標です。

人生をよりよく生きるとは、個性を活かして自分らしく生きること、必要な時に必要な努力ができること、楽しいことはもちろん、苦しいことも前向きにとらえて味わうことができること、それらの体験を通して成長できること、そのような生き方だと思います。

そのためには、自分自身を理解し、自分を大切に扱い、そして、自分の人生を愛せることが必要なのだと思います。

今の時代は、毎日大量の情報が飛び交い、検索すればあらゆる情報にアクセスでき、SNSの急速な広がりによって、どこにいても誰とでもつながることができる高度な情報化社会です。

数十年前とは比べ物にならないくらい視界がひろがったことで、たくさんの恩恵を受けつつも、今まで以上に自分という存在を見失いがちのように感じます。

そんな時代だからこそ、自分自身への理解を深め、長所も短所も含めた丸ごとの自分を認め、好きになることはとても大切なことだと思います。

5000年の歴史のあるアーユルヴェーダとジョーティッシュ(インド占星術)には、自分を理解し、人生を肯定的にとらえて、自分らしく生きるための知恵が秘められています。

【アーユルヴェーダ】
医学や自然療法として知られるアーユルヴェーダですが、そこには、ひとりひとりの個性を大切に扱う思想が流れています。

アーユルヴェーダは個性を理解するための指南書であり、与えられた人生をよりよく生きるためのヒントであり、ひとりひとりが自分らしく生きるための暮らし方、生き方の哲学です。

また、人は自然の一部であり、自然も人間も同じ原理が働いているとの考え方から、自分らしさを保ち、持っている能力を十分に発揮して生きるためには、自然のリズムと協調することが大切だとしています。

現代社会の大きな命題となっている、個々の個性を大切にする考え方も、私たちは自然と一体だという考え方も、アーユルヴェーダの基本です。

アーユルヴェーダの智慧に触れることは、この二つの命題に取り組む際の大きな力となるはずです。

【月:ジョーティッシュ(インド占星術)】
天空の星々と人とのつながりを通して、人の個性や人生を理解しようとするのがジョーティッシュです。

ジョーティッシュの根底には輪廻の思想があり、人生を魂のレベルでとらえ、過去生から現在、そして未来へと続く魂の長い旅の中で理解しようとする考え方が基本です。

誕生チャートの星々の配置は、人生の青写真だと言われています。そこには、過去生を踏まえて、私たちが今世、これを体験すると自ら決めてきたことが記されています。

誕生チャートを紐解くことは、これまで気づかなかった長所や短所、思考のクセ、感情の傾向などを発見し、本来のあなたの姿を理解する助けとなります。

特に月は、心の在り様を表し、人生に大きな影響を与える存在のため、とても大切です。

アーユルヴェーダが自然とのつながりを示すように、ジョーティッシュでは天空の星々と私たち人間とのつながりを示しています。

月の影響力は、潮の満ち引きなど目に見える形で表れていますが、同様に、目に見えなくても、月は人の心に影響を与え、月以外の天空の星々も、私たち自身や私たちを取り巻く環境や現象に少なからず影響を与えています。

天空に描かれる星々の地図には、人生をよりよく生きるヒントが隠されています。

このサイトでは、アーユルヴェーダや月・ジョーティッシュについての様々な情報をご紹介していきます。

人生では、大きな波にのまれて溺れそうになることもありますが、日々小さなさざ波に翻弄され、自分に自信がなくなることも多いもの。

あなたの人生をよりよく生きるために、あなた自身を好きになるために、そして、ちょっと困ったとき、ちょっと迷ったとき、ちょっと悩んだとき、あなたにとって必要な情報を拾って頂ければと思います。

このサイトが、アーユルヴェーダや月・ジョーティッシュに親しむ入口となり、また、自信を取り戻し、自分を好きになるためのヒントが見つかる場になれると嬉しいです。