ティールーム徒然

お片付け

お片付け
整理整頓

断捨離して、お片付けして
シンプルで心地よい部屋で暮らしましょう
というのが今の世の中の風潮ですね。

けれど、世の中にはどうしたって
お片付けができない人がいるのです。

床にものが散らからないように、
床にちりばめられたものをいれておくために
入れ物を用意したり。

出したらしまうを達成するために、
しまう場所を作ってあげたり。

一緒に一斉お片付けをやってあげたり。

しかし、あの手この手のどんな手段を用いても、
そのうちもとのびっくり部屋に戻ってしまうのです。

理由のひとつに、
散らかってる状況が不快だと感じていないことがあります。

机の上の、本だとか印刷物だとかあらゆるものが積みあがって
今にも雪崩の状態になっていても、
床にいろんなものが散らばっていて
踏み出す一歩のための隙間を探りながら
歩かなければならなくても、
それを嫌だなぁという風には感じていないわけです。

そうなると、
片づけよう、きれいにしよう、とどんなに力説しても
どうして?となる。
片付いている=よい状態という認識がないからです。

そうなると当然、
なぜ片づけなければならないのかがわからないから
よっぽどのことがない限り片づけようとしないわけです。

そのよっぽどなことは滅多におこりませんから、
当然普段はびっくり部屋の状態です。

片づけができない人の部屋が
いつも片付いた状態に保てる方法というのを
ネットで検索してみましたが、
驚くことに、ないのです!

片づけられない人を片づけられる人に変える方法
とか、
片づけられない人でもできる簡単なお片付けの方法
とか。

どのアドバイスもゴールは、
片づけられない人を少しでも片づけられる人にする
というもの。

いやいや、私が求めているのは、
片づけられない人が、片づけをしなくても
きれいな部屋を保てる方法なんですけど。

片づけられないことに罪悪感を頂きつつ、
でも片づけられないのでどうしましょう?
という人にはこうしたアドバイスが
ありがたいことでしょう。

けれど、
片づけの必要性を感じていない人を
片づけられる人にするのは無理なんです。

片づけなくても片付いてる状態が保てる方法。
ぜひ知りたいです。

最後までお読み頂きありがとうございました。
with gratitude.