もっと知りたい学びたい

アーユルヴェーダの体質論ことはじめ ドーシャ3

前回はドーシャが何でできているのかというお話。

今日はドーシャがひとりひとりの個性を
作っているということを説明しますね。

ドーシャが個性を作っている

3つのドーシャは誰の体の中にも存在しています。
ただし、
3つのドーシャの比率がひとりひとり違うのです。

比率というと分量が違うってことのように
思えるかもしれませんが、
分量というより、
それぞれのパワーの違いという感じです。

ヴァータが強く働く人、
ピッタが強く働く人、
カパが強く働く人、
あるいは、
ヴァータとピッタが同じぐらいでカパの力が弱い人、
ピッタとカパが同じくらいでヴァータの力が弱い人
など
ドーシャの強さが違うということなのです。

その強弱の違いの組み合わせは
大きくは7つのカテゴリーに分けられます。
ヴァータが強い
ピッタが強い
カパが強い
ヴァータ・ピッタが強い
ヴァータ・カパが強い
ピッタ・カパが強い
ヴァータ・ピッタ・カパの3つが同じくらい

でもこれは便宜上大まかにグループ分けしているだけで、
実際は、
それぞれのグループ内でもバランスは微妙に違います。

無数に考えられるドーシャの組み合わせ。
それが、個性を作っています。

性格にしても体質にしても、
生まれてから今現在までの生活環境や教育などによって
作られてきた部分があります。

けれど、それはオリジナルの設計図に
付け加えられたということ。

人は、生まれたときには、
それぞれが自分だけのオリジナルの設計図を
与えられているのです。

その設計図を作っているのが、
3つのドーシャなのです。

ドーシャによって組み立てられた
生まれながらに持っている体質を知ることは
自分をもっとよく理解することにつながります。

自分にとって、
どんな食べ物があっているのか、
どんな運動があっているのか
そんな肉体面を整えるために
必要なこと不要なことがわかるようになります。

心の動きについても同じです。
どうしていつもイライラするの?
どうしていつも消極的になってしまうの?

ひとつの出来事に対する反応は
ひとそれぞれです。
その反応の違いすらも、
本的には持って生まれた
ドーシャのバランスが関係しています。

自分を知る。
自分探し。
よく使われる言葉です。

みんな自分のことがわかっているようで
わかっていないことが多い。

でもやり方がわからないですよね。
どうしたら自分を知ることができるのか、
自分を理解できるのか。
その方法がわからなくて
探し続けている人も多いはず。

そこで、まずは、自分の体質を知るところから
始めるとよいですね。

自分の体質はドーシャのバランス。
まずは、自分のドーシャタイプを知ること、
7つのタイプのうちのどれに当てはまるのかがわかると
自分を知る手がかりがつかめます。

今日も良い夢を
Have sweet dreams!