ティールーム徒然

環境圧力

環境圧力の威力はほんとうにすごい。

日々、いろんな場面で実感している。

今日も実感。
今日は、夜、夜行バスで横浜へ移動。

ひと月に一度、大阪⇄横浜を
行ったり来たりするので、
いつもパッキングは完全には解かないでいる。
そこから必要なものを取り出したり戻したり。でも、かわいそうなことに
ギリギリまで取り出してもらえないものたちが出てくる。

主には大阪に帰ったら整理しようと持ち帰った書類たち。
あとであとでと後回しにされ、
キャリーバッグの底に眠ったままになっていたりする。

そうしているうちに
やがてまた移動日になる。

ここでリセットの必要が出てくる。
新たに荷物を入れる前に入っているものを出さなきゃね。

パッキングの前の整理整頓。

持っていくものといかないものを分けるのに
中身を整理しなきゃならないという物理的環境圧力。

夜までになんとかしなければならない
という時間的な環境圧力。

この二つの環境圧力が見事にお尻を叩いて、
俄然サクサクと作業が進む。

さっさとやっておけばいいものを、、、
といつも思う。

本日の横浜行きの荷物には、
横浜にいる間に済ませようと目論む
新たな書類たちが積み込まれる。

今度も要は最終日なのかなぁ。
お持ち帰りは避けたいけれど。。。。
さてさて、今日も重い荷物で夜行バス。

最後までお読みいただきありがとうございました。
with sincere gratitude