日々の生活法

アーユルヴェーダの朝の日課:早起きして朝のエネルギーを頂こう

アーユルヴェーダがお勧めする日課についてのシリーズです。

まずは、早起き。

朝起きるのが苦手な人にとっては、あまり嬉しい時間ではないかもしれません。
けれど、朝は神秘の時間。朝起きた瞬間は、そこにまっさらな一日が広がっています。
あらゆる意味で、朝の時間を大切にすることは、あなたの人生を変えるほどのパワーを秘めています。

アーユルヴェーダのスクールへ行くと恐らくまず一番に習うのが早朝起床。
最初に習うということは、それだけ大切だということだと思います。
その理由を説明していきますね。

早朝起床を勧める理由

早起きではなく早朝起床

早起きと早朝起床の違いわかりますか?

実はここでお勧めしているのは、単にいつもより早く起きましょうということではなく、日の出前後の時間に起きる早朝起床です。

早起きというのではあれば、いつも8:00に起きている人にとっては、7:00に起きれば早起きでしょう。いつも7:00に起きる人にとっては6:00が早起き。こんな具合に、早起きの時間は実はそれぞれの生活習慣で変わります。

目的が朝活で、早く起きて時間を有効活用しましょうということであれば、早起きでもよいのです。けれど、ここでお勧めしている早朝起床には、朝の時間を有効活用するだけではない、他のメリットがあるのです。

もちろん、仕事の勤務形態などで日の出前後の時間になって起きられない方もいらっしゃると思います。そうした方も、お休みが続くときなどに、ぜひ一度体験して頂きたいと思っています。

それほど、早朝という時間帯がもつパワーは強いのです。

早朝は世界にとってまっさらな時間

一度でもよいので、日の出の少し前に起きた経験はありますか?

朝、まだ日が昇っていない時間帯の空気は明らかに日の出の後の空気とは違います。

まだ何も書き込まれていない世界。
夜の間にとった休息で浄化されたばかりの汚れのない世界です。

澄んだ空気がぴーんとはりつめていて、すべてが息をひそめている。
新しい一日への期待に満ちた時間。

早朝、大々的に人が活動を始める前、早朝の時間帯は、空気中のちりが少ないので、空気が澄んでいるように感じられるとか、空気が澄んでいるのは植物の光合成に関係があるとも言われています。

日の出前の時間帯、植物たちは日の出をまって力を内部に蓄えています。

日の出とともに花開き、光合成をはじめる植物たちが、
日の出を心待ちにしながら息をひそめている時間帯なのです。

ちょうど、
人が高くジャンプするために深くかがむように、
スタートラインに立つ短距離選手が全身に力をみなぎらせるように、
内へ内へとパワーが集中する時間。

内に秘めた力が最高点に達する日の出前、世界は大きなパワーを秘めているのに、空気はひんやりと心地よく、どこまでも澄んでいます。

この時間に起きることは、これから始まる世界の始動に立ち会うこと。神聖な気持ちでその日一日をスタートさせることができます。

アーユルヴェーダの古典では

何時に起きるのがいいの?

アーユルヴェーダの古典では、
日の出前の時間、
ブラフマ・ムフールタ(Brahma Muhurta)
に起床することを勧めています。

ムフールタとは時間の単位のこと。
1日を30等分した1単位をあらわしています。
1日24時間=1,440分
その30分の1だから、
1ムフールタ=48分

アーユルヴェーダの古典における一日の時間のとらえ方は日の出が基準になります。一日の単位は、日の出から始まり、次の日の出までなのです。今でもインドで使われる暦では、この日の出から日の出の考え方が使われています。

30個のムフールタは日の出から始まり、30個それぞれについたインドの神様の名前で呼ばれます。

ブラフマ・ムフールタは30個あるムフールタのうち、夜明けの二つ前の時間帯=ムフールタにあたります。

つまり、
夜明けの96分前にはじまり、その48分後までの時間帯がブラフマ・ムフールタなのです。

ブラフマは創造の神様の名前ですので、この時間は、神の時間、宇宙の時間とも訳されています。
一日のなかでも特に創造性につながる時間、世界にサットヴァ(純性)が満ちる時間とも言われていて、神聖で幸福をもたらす時間です。

人が健康であるために、長寿を全うするために、日の出前、この神聖な時間に起きることをアーユルヴェーダは勧めているのです。

早朝起床を勧められる人、勧めない人

アーユルヴェーダは医学ですので、早朝起床も万人に勧めているわけではありません。早朝起床が勧められる人は健康な人ということになります。

アーユルヴェーダの古典、アシュターンガ・フリダヤ・サンヒターにはこのように書かれています。
「健康人よ、健康と長寿を保護するために、毎日早朝(ブラフマ・ムフールタ)に起床しなさい」

呼びかけは健康な人へです。

病気で体を休める必要がある人は、無理に早朝起床するのではなく、ご自身の体調に合わせて調整することが勧められます。また、5歳以下の小さな子供たちは、大人よりも睡眠時間が必要ですし、お年寄りや妊婦の方なども、体調の様子をみながら進める必要あります。

ただし、どの場合も、人が本来もっている生体リズムに反するような生活習慣は避けたほうがよいですね。理由もなく、昼頃まで寝て夜中に起きだすような生活には注意が必要です。

ブラフマ・ムフールタに起きることの問題点

早朝起床として勧められる時間は日の出の96分前だとお伝えしました。大体1時間30分前だと思ってください。

さて、冬の季節、日の出が7:00だとすると、お勧めの起床時間は5:30です。
5:30起床であれば、なんとか起きられるでしょうか?

ところが、夏、日の出の時刻が5:00だとすると、1時間30前は3:30です!普通で考えると、こんな時間にはさすがに起きられませんね。
ブラフマ・ムフールタの時間内に起きることを目指したとしても4:15までには起きなければならないことになります。

ですので、ここは少し柔軟になることが必要になってきます。
もちろん、3:30の起床、OKです!という強者はぜひチェレンジを。ただし、睡眠不足になることは避けなければならないので、6~7時間の睡眠時間を確保するためには、20:30から21:30までには寝床に入る必要が出てきます。。。

日の出の時間は季節によって変化するため、こうした状況になるのですが、そこで、提案するのが、次のような方法です。
1.起床時間を一年中固定の場合:朝6:00起床を続ける
2.日の出時間が早い5~7月とその他の月とで時間差をつける:5~7月 5:30起き 残りの月 6:00起き

早朝起床をすることで、日中に眠気が生じてパフォーマンスが悪くなるのは本末転倒です。微調整しながらチェレンジしていただけたらと思います。

さて、ここまで、なぜアーユルヴェーダが早朝起床を勧めるのかについて書いてきました。

次は、早朝起床でできた朝の貴重な時間にどんなことをするとよいのかなどについて書いていきます。
少しお待ちくださいね。