ティールーム徒然

目の疲れの改善は老眼と向き合うことから

ここ数か月右目に不調を感じていて、
先日ようやく眼科に行きました。

混んでいるとは聞いていたのですが、
朝9:30に入って出たのが14:00。。。。
さすがに疲れましたね。

目の疲れがひどいなぁと感じだしたのは1年ほど前から。
とにかくパソコンの前に座って作業することが多くて、
夜になると目が開かなくなるのです。

まぁ夜にかぎらず、姪っ子たちには、
日中でも「目、開いてないやん。」
とからかわれ続けていたのですが。

私自身も、以前に比べて目が開いてない自覚はあり。
目もお疲れ。。。でもねぇ、とため息をついていました。
パソコンの作業はある意味仕事の中心でもあるので、
これがなかなか減らせない。
目はもともと強度の近視なので、大事にしないとなぁ、
とは思っていましたが。

そうしてなんとなく過ごしているうちに、
数か月前からどうも右目に不調を感じて、
でもなかなか眼科に行くタイミングがなく、
ようやく先日行ってきました。

目の写真を色々とって検査してもらいましたが、
感じていた目の不調は病気などが原因ではなく、
「老眼にちゃんと向き合ってないからです」
とばっさり。

確かに手元がだんだん見え辛くなってきていて、
眼鏡を使用中は外せばいいのですが、
コンタクトはその都度はずすわけにもいかず、
かなり困った状況にはなっていましたが。。。。

先生の説明では、遠くに焦点があうように作られた
近視用の眼鏡を使ってパソコン作業など
近くを見ていたことがそもそもの原因だったみたいです。

若いころはそれでも大丈夫らしいのですが、
老眼が入ってくると、過大な負担になるようです。

本格的に眼鏡を作るとなると、
コンタクトを使っている時用とか、
パソコンぐらいの距離のものを見る用とか
本数が必要なこともあり、
先生からの処方は、
「今の眼鏡、コンタクトに+1.0の既成の老眼鏡をかける」

さっそく用意して、今もダブル眼鏡で
このブログを書いています。

ダブル眼鏡の感想。
楽です。
きっと見た目はこっけいなことになってるのでしょうが、
目が楽な気がします。

たかが老眼と思っていましたが、
ちゃんと向き合うことも必要でした。。。。

ということで、1ヶ月これを続けてみて、
目の疲れ具合が改善されればいいなと思います。
+以前のように目が開くと一番うれしいけれど。。。。。

最後までお読み頂きありがとうございました。
with gratitude.